2017年12月9日土曜日

100円SIMのいいところと面倒なところ

2017年7月、NTTコミュニケーションズが100円SIMのサービスを発表しました。価格から惹かれるところがあり内容を伺ったところ、周囲の人からも「あれどう?」ときかれたことがあったのでメモを残しておきます。

Arcstar Universal Oneのオプションのような位置づけ

NTTコミュニケーションズのVPNサービスArcstar Universal Oneの契約が必須(VPNに接続する回線の設置工事等も必要)であり、100円SIM単独での利用はできません。さくらやSORACOMのようにSIMを購入して使うのではなく、VPNサービスへの入り口としてSIMが100円で提供されるというものです。

Arcstar Universal Oneは仮想とはいえ閉じているので、デバイスからのセンシティブなデータでも比較的安全に送信ができます。保存するデータベースは、NTTコミュニケーションズが提供するVPN内のサーバを使うパターンと、VPNからAWSやMicrosoft Azureなどの各種クラウドサービスに接続するパターンが用意されています。

大規模な業務用途向け

最低発注数量は100枚という記載もどこかにあったので、外部に絶対に流出させたくないセンサーデータを安全かつ大規模に収集するような用途等、業務用として使うものということでした。また、記載のような業務用なので、NTTコミュニケーションズの営業さんへの見積もりが必須です。個人もしくは小規模での3G/LTE回線がほしいという話ならば、sakura.ioやSORACOMの利用を検討したほうがよいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿